記事

問題続出の自民党議員たちに共通する3つのバイアスとは?

問題や不祥事が次から次へとわき出てくる自民党議員たち。                         政治資金パーティーの裏金疑惑に過激ダンスショー、その前には女性局のフランス研修、エッフェル姐さん事件もあったっけ。                                 原因や経過は1つ1つは違っても、関わる議員たちの言動を分析して見えてくる3つの共通点、   正常性バイアス、同調バイアス、リスキーシフトという3つのバイアス
記事

政治家はなぜ逆ギレしやすいのか、という問題・・・セクハラ99の町長を例に考えてみよう

ここ最近、政治家の逆ギレ会見とよく見ませんか? あれこれ悪さをしておいて、それが露見し謝罪となった途端、なぜか逆ギレしてしまう往生際の悪さ。そんな政治家たちをを見るにつけ、この人たちって何なん?と思うわけでして。 逆ギレする原因は、会見前は加害者だったはずが、あれこれ質問されたり非難されたりしているうちに自分が被害者になってしまうから。 いい例が、3月5日で辞職すると逆ギレした岐阜県岐南町の小島英雄町長。その理由は99のセクハラで、なんと第三者委員会に認定されてしまいました。 「中立性にかけている」「もう少し丁寧な調査をしてほしかった」と会見ではそう訴え、泣き出したというが、その内容はどこからどうみてもセクハラそのもの。その会見から5時間後、5月末とした辞任の時期を3月5日と発表。その理由を記者が問うと、「しつこいんやって」と逆ギレしたのだ。
時事問題

政治家の常套句「記憶にございません」はあり得るのか?という問題

盛山正仁文部科学相の記憶が迷走し、国会を惑わせていた2月。 「記憶にございません」を連発する大臣に、そんなことあり得るのか?という問題が世間を騒がせた。話は遡ることたったの3年弱、2021年のことなのだ。 問題となったのは、盛山大臣が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と事実上の政策協定にあたる推薦確認書に署名したとされる件、自身の選挙応援を依頼したとされる件、協会側の集会に参加し、信者とハグしたとされる件などなど。
掲載記事

2023年10月~12月の記事のまとめ

2023年10月~2023年12月に発表されたNEWSポストセブンの連載記事をまとめてお知らせします。タイトルの下に、記事内で使った専門用語や分析テーマをあげています。
掲載記事

文春オンライン『《宝塚会見》第一声が謝罪ではなかった理由、理事長の”微笑み”の謎・・・会見を分析した臨床心理士が気づいた3人の幹部の”驚きの心理状態”とは』

宝塚歌劇団のトップらが、団員が亡くなった事件で会見を開きました。伝統を重んじる組織が疑惑を認めるのか、自浄作用によって変わることができるのかなど、メディアや世間の注目は非常に高くなりました。そこで彼らの本音はどうなのか、ボディランゲージなどからその本音を読み解いてみます。
掲載記事

2023年7月~2023年9月の記事のまとめ

2023年6月~2023年7月に発表されたNEWSポストセブンの連載記事をまとめてお知らせします。タイトルの下に、記事内で使った専門用語や分析テーマをあげています。
掲載記事

文春オンライン『東山社長ではなく、井ノ原”副”社長が手紙を代読した「納得の理由」 臨床心理士が徹底分析した会見の”裏側”とは』

ジャニーズ事務所が2度目の会見を開きました。会見に臨んだのは東山新社長とジャニーズアイランド社長の井ノ原氏。そこで読み上げられた藤島氏の手紙に書かれていた内容から推察した、井ノ原氏が読み手となった理由を分析。前回の会見とどこがどう違うのかについても。ボディランゲージなどから分析しました。
タイトルとURLをコピーしました